HOME>特集>請求するためのどのような準備が必要なのか

残業代を確認し書類を揃えよう

男性弁護士

残業代請求を京都で行うのであれば、まずはどれくらいの残業代を請求しなければならないかを確認することが大切です。残業代を確認するのに簡単な方法は、残業代をチェックできるサイトを利用することです。残業代をチェックできるサイトは、法律事務所などのホームページにあるので、これらを利用して確認するようにしましょう。残業代がどれくらいあるのか確認したら、次はその残業代が発生していることを証明できるような書類を揃えることがポイントです。残業代を請求するには証拠が重要なので、タイムカードや出勤簿、交通ICカードの通貨履歴などを集めておくようにしましょう。雇用契約書や就業規則、給与明細なども揃えておくことが大切です。

詳しい残業代を計算しよう

どれだけ残業があってその残業があるという証拠となる書類を揃えたら、より詳しい残業代の計算をしていきましょう。会社と本気でやり取りをする場合は、おおまかな金額では話が進まないからです。労働者の1日当たりの賃金の算定方法は、日給制と月給制でそれぞれ異なります。日給制の場合は、日給を1日の法定労働時間である8時間で割って算出します。一方、月給制の場合は、基本給与を月平均所定労働時間数で割って1時間当たりの賃金を算定します。このように京都で残業代請求を行う場合はさまざまな準備が必要です。