HOME>イチオシ情報>どんな場合に生じることがあるのか知っておこう
離婚

どんな事例があるのか

遺産相続というとまとまったお金が手に入ると考えている人が多いでしょう。しかし必ずしもプラスの相続だけではありません。負債も相続をする対象になっているので、故人に借金があった場合には遺産を相続した人が借金の返済をしなければいけない、ということになります。返済をするために遺産を相続するというのは現実的ではありません。そこで相続放棄の手続を取って、マイナスの遺産を背負うことがないようにするとよいでしょう。もしもプラスの遺産とマイナスの遺産があった場合、プラスだけを相続することはできません。ですから全て放棄をするということになってしまいます。実際に故人の借金の返済に追われてしまって、自分の生活もままならなくなってしまったという人もいます。相続をする内容もしっかりとチェックしておき、マイナスがないかどうか確認をすることが必要です。

必要な書類

相続放棄の手続をする場合、どんな書類が必要なのか、素人には分からないということがあります。そんな時には専門家に相談をしてみるとよいでしょう。相続問題を専門に扱っている弁護士でもよいですが、弁護士の場合には報酬が高額ということがあるので、出来れば司法書士や行政書士に相談をしたほうがよいかもしれません。書類作成のスペシャリストなのでスムーズに解決をさせることができるようになっています。報酬も弁護士ほど高額ではないので出費も抑えることができるようになっています。もしも法定相続人の間でもめるようなことがあった場合には、弁護士に依頼をしたほうがよいかもしれません。もめることがない場合には司法書士や行政書士のほうがスムーズに手続を行ってくれますし、必要な書類も迅速に用意をしてくれます。